LIDAR UAVを用いた森林資源の調査 ( レーザー ドローン )

院庄林業株式会社様と共同で森林資源の調査を行いました。

院庄林業株式会社様の地上型LIDAR・人の手による毎木調査、弊社のUAV搭載LIDAR・ノンプリズムを用いた樹高測定で検証を行いデータの正確さやコストを比較しました。

今回は人の手による毎木調査・UAV搭載LIDAR・ノンプリズムを用いた樹高測定において比較しますが、今後は院庄林業株式会社様の地上型LIDARのデータをもとに情報交換等も行う予定にしています。

今回のフィールドは面積6600㎡で、多数が桧で杉も混じった森林です。LIDARについては対地速度3m/sで飛行し、高度は40mで自動航行を設定しました。

 

Lidarで取得したDSM(オリジナルデータ)を標高段彩で表示

樹木下に熊笹が植生していましたが、ある程度地盤データも取得が出来ています。

 

上記のオリジナルデータからフィルタリングを行いDEMデータを作成しました。

GISソフトでDSMとDEMの標高差である樹高レイヤを作成し、標高段彩を繰り返し表示させ、地上開度・傾斜図等と重ねて判読図としました。

杉と桧は葉の付き方が違うため同じようには判読できません。

杉は三角錐状に繁茂するため頂点の判読は簡単ですが、桧は葉が開くように繁茂するため画像での判読が難しいのです。ただ、樹種の判読は一目瞭然ですね。

オルソ写真のみでは桧の頂点は判読が困難ですが上記のレイヤをオーバーラップする事で頂点の判読が可能になりました。

 

頂点へポイントデータを作成し、樹高レイヤから樹高を転記しました。

その後エリアと樹種を入力し、検測用としてノンプリズムを用いた実測樹高値も入力しました。

人の手による毎木調査での本数が528本であり誤差は3%でした。

上空からでは頂点が埋もれて判別が不可能なものもあるため予想どおり少なく算出していたようです。

また、ノンプリズムによる実測樹高値との比較では誤差が2.7%(RMS)でしたが、実際にはノンプリズムで樹木の頂点部分の計測は難しいため実測値にも誤差を含んでおり、大きく値が違わなかったので傾向としては問題無いと思われます。

現地作業は計測・準備等合わせて二人で1時間、内業では飛行計画や樹木の判別作業・まとめで一人で1日半程度であり、従来の作業日数(3人/ha)と比較してもあまり変わらないものとなりました。

今後、内業での頂点判別作業をAI等で自動化するなどできれば作業日数を短縮することも可能となるでしょう。

※QGISを使って自動で頂点判読できるようになりました。作業時間は一気に短縮できますね!

レーザー ドローン

研修旅行2018

4月19日(木)~21日(土)、2泊3日で
静岡県の伊豆地方へ研修旅行に行ってきました。

3日間とも天候がよく、富士山を毎日拝めることが
できました。
集合写真

 

 

 

 

 

この旅行をとおして、社員一同リフレッシュ!
再び日々の業務に務めていきます!!

LIDAR センサー搭載UAVの導入 ( レーザー ドローン )

LIDAR(レーザー)センサー搭載UAVを導入し、現在検証作業を行っています。

まずは河川で実測断面図が存在するエリアでデータ収集してみました。

30m高度でコース間40m程度、飛行速度は2m/s、レーザー入射角が45度程度としてコース間のサイドラップは約30%です。

自動航行はライチを使用しました。(飛行時間約10分)

以前からドローンの高度計の精度が心配だったのですが、予想通りの低精度でした。

PPKで自己位置の処理を行っているのですが、30mでの飛行予定に対して25mなので83%程度となっていました。また飛行中も高度は一定ではなく約2mの低下が見られます。今後はこの辺りを考慮しての高度設定が必用になります。

速度も検証してみましたがこちらは大きな誤差は見られませんでした。

 

LIDARで取得した点群を反射強度で表示しています

 

SFMでもデータ取得し、同時に表示しました(赤:SFM、白:LIDAR)

実測断面を取得した測点間において10㎝幅でデータを抽出しています

これらを実測断面図と重ねて比較しました(青:LIDAR 赤:SFM)

左岸側に雑草が大きく茂っていましたが、ある程度は地盤データを取得出来ています。

右岸側では遮るものが無く、断面方向が伐採されていたので綺麗に地盤データが取得できていました。

 

このように下草が茂っている場所では当然地盤データは取得できません。

今後も色々と検証を続けていきます。

ドローンの飛行に係る新たな許可・承認を取得

3月7日、当社はドローン(UAV)の飛行に係る新たな許可・承認
を取得しました。

平成27年12月10日施行の改正航空法により、ドローン(UAV)
を飛行させる空域によっては所定機関による事前の許可、及び承認
が必要となっています。

当社ではこれに対し、以下の日本全国包括飛行許可・承認を得ており
ますので柔軟な対応が可能です。

<平成30年3月7日付け許可・承認>
阪空運第12831号・阪空検第5107号

【許可及び承認事項】
・人又は家屋の密集している地域の上空
・夜間飛行
・目視外飛行
・人又は物件から30m以上の距離が確保できない飛行

【許可承認の期間】
平成30年3月8日から1年間

【飛行の経路】
日本国内の地表から150mまでの空域のうち、飛行禁止空域
を除く空域

【操縦者登録】
2名

【機体登録】
5機

当社の空撮業務については、空撮業務ページをご参照ください。
今後もオーエスエーの空撮業務をよろしくお願いします。

とんど焼き2018

1月15日(月)当社にて、とんど焼きを実施しました。

今年は昼過ぎからの開始で例年より早い時間帯でのスタートです。スタート

BBQの食材は、社長自らが準備しオモテナシ。社長

美味しいお肉やお餅を頂き大満足です。BBQ

積上げた正月の松飾り・連縄(しめなわ)が点火を待っています。疑似空撮1

そして点火!!疑似空撮2

社員一同、神聖な炎にあたり身も心も温まりました。
無病息災を祈り終え、オーエスエーは(株)PICとともに
今年も地域社会への貢献に努めてまいります!!

遺跡調査でのチャレンジ

遺跡調査においては、UAVの低空飛行での撮影や手持ちカメラ等を併用して撮影し、平面・立面オルソ等の図面を作成しています。

今回もいつものように現場の下見に行ったのですが、立面オルソが必用な現場に案内して頂きビックリ!説明撮影距離(カメラと被写体との距離)が50cm程度しかありません。オマケに深さは2m。

しばし呆然としましたが、気を落ち着けスマホの計算機でオーバーラップの計算。
カメラの横移動距離は50cm、縦移動距離が15cmと出ました(笑)
おまけに地上解像度は0.14mm!

人間が入って撮影するとボク厚みの分(笑)だけ撮影距離が短くなるので、いつもの長い一脚に天地逆にカメラを取り付ける治具を作成。

当日はジオリファレンス用基準点を数か所観測しさっそく撮影に入ります。
周りを何周か高さを変えて撮影後、作成した治具を取り付けカメラをつり下げた状態で数百枚の撮影。
なかなか忍耐が必用な撮影でしたが何とか終了。

事務所に戻っての処理ですが、他の仕事があったのでメインPCが使用できずノートPCが2日ほどヒーヒー言って頑張りました。
3Dモデルの作成、平面・立面のオルソフォト、DEMデータを使用した陰影図も完成です。

説明2

下見の時はヤバイかなあと思っていましたが何とかなるもんですね。
いい経験をさせて頂きました!

親睦会2017

8月5日に親睦会を実施しました。

今回は、グループ企業である(株)PICのメンバーを
交えての会です。

「スタミナを付けるには、やっぱり焼肉!!」ということで、
今年も会場は、焼肉屋さんの『慶州』でした。
1会場

 

 

 

2乾杯

 

 

 

 

 

 

美味しいお肉で正にスタミナアップです。
3お肉

 

 

 

4お肉

 

 

 

 

 

 

当社は8月1日より27期を向かえ、
PIC共々、岡山県北を益々盛り上げていきます!!

当社撮影ドローン映像がTVで流れました~テレ朝-人生の楽園

前回ブログで案内していましたが、
平成29年7月8日(土)、夕方6時からテレビ朝日系列で放送の
番組『人生の楽園』において、
当社ドローンにて撮影した映像が利用頂けました。

当社Youtubeチャンネルに録画動画を置きましたので、
是非、ご覧ください!!

研修旅行2017

4月20日(木)~22日(土)、2泊3日で
東海北陸地方、長野県へ研修旅行へ行ってきました。

数年前、同じ方面への旅行を計画していましたが、
東日本大震災の影響で止むを得ず一度断念していたという
経緯もあり、今回は念願のこの地方への旅行です。

初日は、岐阜県の白川郷へ行きました。
白川郷1

 

 

 

 

 

 

合掌造りの建物が並ぶ集落の独特の景観に感動です!!
白川郷2

 

 

 

 

 

 

その後、この日宿泊する宇奈月温泉のホテルへ移動し、
初日約半分の時間を費やしていたバス移動の疲れや、
白川郷散策の疲れを温泉で癒しました。

二日目は、今回旅行のメインといってもいい、
「立山黒部アルペンルート」へ。

富山県側から出発開始で、立山駅からケーブルカー、
高原バスと乗り継ぎ、雪の大谷へ到着。
標高も高くなっていき、道中どんどん変化していく景色は
別世界へ向かっていくようでした。
雪の大谷1

 

 

 

 

 

 

大迫力の雪の壁!!
今季は、一番高いところで19mとのことでした。
雪の大谷2

 

 

 

 

 

次は黒部ダムへ向かうため下山開始。
トロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカーと乗り継ぎです。
途中の展望台。絶景でした!!
雪の大谷3

 

 

 

 

 

 

そして、黒部ダムへ到着。
黒部ダム1

 

 

 

 

 

 

周りの広大な景色とも相まって、とにかく大きい、高い!!
黒部ダム2
黒部ダム3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、アルペンルートを長野県側へ抜け、
この日の宿泊場所である大町温泉のホテルへ。

2日目の最後は宴会を開催。
宴会1

 

 

 

 

 

 

美味しい料理にお酒が進みました。
宴会2

 

 

 

 

 

 

そして旅行最終日は、先ず大王わさび農場を観光。
わさび農場1

 

 

 

 

 

 

その後、今回旅行の最後の観光スポットである国宝松本城へ。
松本城1
松本城2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合写真もパチリ。
松本城3

 

 

 

 

 

 

この旅行をとおして、社員一同有意義な時間を
過ごしました。
帰りのバス移動の疲れを早々に吹き飛ばし、
再び日々の業務に務めていきます!!